モニッケンダム(MONNICKENDAM)で婚約指輪・結婚指輪探し 

今日は世界三大ダイヤモンドカッターズブランドの1つ、モニッケンダムで婚約指輪を見てきました。

今まで下見に行った色々なジュエラーの中で、特に印象に残っていたのがモニッケンダム

店舗に行くと混んでいることが多かったので、今回は予約をしてゆっくり見てきました。

この記事では、モニッケンダムの婚約指輪に関する情報や、実際にお店に下見に行ってきたレポを詳しくご紹介します。

モニッケンダムの婚約指輪を購入しようか迷っている方、これからモニッケンダムに婚約指輪の下見に行かれる方のお役に立てましたら幸いです。

モニッケンダムってどんなブランド?

モニッケンダムはもともとオランダで創業されたジュエラーですが、第一次世界大戦のときにイギリスに拠点を移し、以降現在に至るまで、120年以上に渡ってダイヤモンドカッターとして頂点に君臨し続けています。

ロイヤル・アッシャーの指輪を見に行ったときにも教えてもらったのですが、アメリカでは透明で虹色に輝くダイヤモンドが好まれるのに対し、ヨーロッパでは白く上品に光るダイヤモンドが好まれるそうです。

Royal Asscher (ロイヤルアッシャー)へ婚約指輪の下見に行ってきた

モニッケンダムもヨーロッパのジュエラーなので、ダイヤモンドが白く、上品に輝くのが特徴です。

この輝きは表面の面積を多く取る、モニッケンダム独自のカッティングによって生み出されているそうです。

実際にモニッケンダムの店舗へ下見に行ってきました!

今回下見した店舗

今回下見にいったのは、伊勢丹にあるモニッケンダムの直営店です。

ちなみに、モニッケンダムには路面店がありません

百貨店等に集中して出店することで、テナント費等を抑え、その分指輪の値段に還元しているそうです。

早速試着させてもらいました

お店に行くと、店員さんがモニッケンダムの婚約指輪の代表的なデザインや人気のデザインを紹介してくれました。

その中で、気になったリングを何点か実際に試着させてもらいました。

まずはこちらのダイヤモンド一石の王道デザイン

モニッケンダム
(写真に影が入ってしまって見づらくてすみません、、、)

ダイヤモンドが本当にきれいなので、ダイヤモンド一石でも存在感抜群のリングです。

センターストーンは高めにセッティングしてありますが、出っ張り感はそんなになく、内側が滑らかなのでとても着けやすいです。

写真だと分かりづらいかもしれませんが、ダイヤモンドは白っぽい輝きでとても上品です。光り方はロイヤル・アッシャーのダイヤモンドに似ているような気がしました。

続いて見せていただいたのがこちらのメレダイヤモンドがあしらわれたデザイン

monnickendam

こちらはセンターストーンのサイドに2石ずつメレダイヤモンドがついています。

モニッケンダムは、選ばれる原石が全体の5%以下に限られてしまうほど厳しい基準で原石を選んでいるのですが、メレダイヤモンドにも同じ基準が適用されています

センターストーンと同じクオリティのダイヤモンドが使われているので、メレダイヤモンドもとてもきれいです。また、センターストーンとメレダイヤモンドの輝きがお互いを引き立て、センターストーンが大きく見えるように感じました。

アームは結構細めで、とても女性らしいデザインです。

スタッフさんに
・もう少し存在感があってもいいかも
・ザ・婚約指輪って感じの指輪もいいなと思っている(が一石よりは少しひねりのあるデザインがいい)
・アームは細めで指がきれいに見える感じのデザインがいい
と希望を伝えると、こちらの指輪をオススメしてくれました。

モニッケンダムの婚約指輪

センターストーンの両脇にメレダイヤモンドが半周分ほど敷き詰められているデザインです。

メレダイヤモンドがついていますが、アームはそこまで太くなく、指がきれい見えます

この指輪を見たときはビビッと来ました。

モニッケンダムは基本的にセミオーダースタイル

モニッケンダムの指輪は、基本的にはセミオーダースタイルです。

ベースとなるデザインと指輪につけるダイヤモンドをそれぞれ選び、それを組み合わせて、一からリングを作ってくれます。

ルース(指輪につけるメインのダイヤモンド)も豊富に用意がありました。

参考までに婚約指輪の平均的なカラット数を聞いてみたのですが、0.3カラットだそうです。

モニッケンダムでは0.17ct〜0.5ct以上まで様々なカラット数のルースがありました。グレードも様々で、店員さんがそれぞれの違いについて丁寧に説明してくれましたが、私のような素人の目にはどれもきれいに見えました!

価格・相場は?

気になるモニッケンダムの値段価格の相場をご紹介します。

相場

0.2カラットのダイヤの指輪:22万円〜

0.3カラットのダイヤの指輪 : 30万円〜

モニッケンダムの指輪の値段は指輪のアームの価格+ルースの価格で決まります。

ちなみに、2番目に試着したメレダイヤのアームは12万円、3番目に試着した指輪のアームは14万円です。
ルースはグレードにもよりますが0.2カラットで10万円〜、0.3カラットで16万円〜くらいです。

モニッケンダムは三大カッターズブランドの一つなので、高そう…と思っていたのですが、20万円台で買える指輪もたくさんあり、幅広い価格帯で指輪が用意されています。

もちろん指輪のデザインにもよりますが、同じ三大カッターズブランドのロイヤル・アッシャーやラザールダイヤモンドと比べると若干お得かもしれません。

店員さん曰く、路面店を作らずに百貨店を中心に出店したり、広告を積極的には出さないことで、その分指輪の値段をなるべく抑えられるようにしているそうです。

モニッケンダムのアフターサービス

婚約指輪や結婚指輪は一生の買い物ですので、アフターサービスは気になるところですよね。

・サイズ直し(1回目無料)
・新品仕上げ(1回目無料)
・超音波クリーニング

モニッケンダムではサイズ直しと新品仕上げが購入後1回目は無料(有効期限なし)です。

2回目以降は有料ですが、もちろん対応はしてもらえます。

店舗での超音波クリーニングはいつでも無料です。

指輪の納期は?

モニッケンダムでは指輪の発注を受けてからセミオーダースタイルで作ってくれるので、注文してからお手元に届くまで約1ヶ月かかります。

モニッケンダムで指輪の購入を考えている方は早めにオーダーしたほうがいいでしょう。

まとめ

ヨーロッパのジュエラーらしい、白くて上品な輝きが印象的なモニッケンダム

三大カッターズダイヤモンドと言われるだけあってダイヤモンドの質は間違いないですし、指輪のデザインも高品質なダイヤモンドを引き立てるシンプルで伝統的なデザインが多かったです。

店員さんの説明やアドバイスも丁寧、且つ的確で落ち着いて指輪を見ることが出来ました。

百貨店やセレクトショップに入っており、店舗数は結構多いので、気になった方はぜひ見に行ってみてくださいね!

追記:

たくさん婚約指輪を見てきましたが、最終的にモニッケンダムで婚約指輪を購入しました。

モニッケンダムで婚約指輪を購入しました♡




指輪は比較して購入するのがオススメ!

婚約指輪は一生に一度のお買い物ですので、購入前に何店舗か回って比較することをオススメします。

私は購入前に10以上のブランドを回ったのですが、ブランドごとにデザインや価格はもちろん、つけ心地やアフターサービスなど結構な差があります。

どんなブランドがあるか分からない、効率よくブランドを比較したいという方におすすめなのがゼクシィ

各ブランドの情報が分かりやすく載っていますし、そのまま来店予約をすることも可能なのでとても便利です。

またキャンペーンにエントリーして来店すると6000円分の商品券がゲットできちゃいます。
これから指輪の下見に行く方は、ぜひエントリーしてからお店に行ってくださいね!

記事が役に立ったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です