恵愛病院での出産で実際にかかった費用を公開します

恵愛病院 出産費用

2021年6月に恵愛病院で出産しました。この記事では、その時にかかった費用を公開したいと思います。

【出産レポートはこちら】

無痛分娩レポ

【初産の無痛分娩】恵愛病院での出産レポ

恵愛病院での出産でかかった費用は?

恵愛病院で無痛分娩、5日間の出産・入院でかかった費用は73万円でした。

出産一時金(42万円)の直接支払制度を使用したのと、分娩予約時に支払い済みの預かり金が15万円ありましたので、退院日に窓口で実際に支払ったのは16万円です。

出産費用の内訳は?

出産にかかった費用ですが、分娩・入院にかかった費用と自費で頼んだ検査や証明書の費用などが含まれますので内訳を書いていきます。

入院費用

恵愛病院は入院する部屋のグレードによって入院費用が決まっています。

恵愛病院 部屋 グレード

私はデラックスC2のお部屋でしたので、¥606,500〜でした。
これに産科医療保障制度の掛け金¥16000が加算されます。

無痛分娩の費用

私は無痛分娩を選択したので、上記の通常の入院費用に10万円が加算されました。

その他の加算料金

分娩・出産費用以外に、自費で頼んだオプショナルの検査の費用や各種証明書発行の費用がかかりました。

・オプショナルスクリーニング ¥13,000
・聴覚検査          ¥2,500
・K2シロップ14回分      ¥4,300

・証明書(出産手当金証明書) ¥2,200
・文書料           ¥3,300

50周年記念割引

請求額は合計で75万円だったのですが、私が出産した年がたまたま恵愛病院の50周年記念の年でしたので2万円の割引がありました。なので最終的な請求額は73万円でした。

実際に窓口で払った金額は?

冒頭でも述べましたが、実際に窓口で払った金額は16万円でした。

出産一時金の直接支払制度を使用したため、最終的な出産費用の73万円から出産一時金の42万円が引かれます。分娩の予約をした時に保証金15万円を預けたので、この15万円も引くと差額は16万円でした。

出産費用の支払いはクレジットカード払いもOK

入院費用の支払いはクレジットカードもOKです。私もクレジットカードで支払いました。

まとめ

以上、恵愛病院での出産費用についてでした。

私の場合は無痛分娩を選択したこともあって、自己負担額が30万円くらいになりました。

た、高い、、、

でも食事は豪華でしたし、院内もホテルのようにキレイだったので満足しています。プレゼントもたくさんもらえますしね。

恵愛病院でもらえるアメニティ&お土産まとめ

入院中に処方されるお薬の量や、検査をするかしないかで費用は人によって変わりますが、これから恵愛病院で出産かれる方の

記事が役に立ったらぜひシェアしてね!