BOUCHERON(ブシュロン)へ婚約指輪の下見に行ってきた

パリ5大ジュエラーの一つ、BOUCHERON(ブシュロン)で婚約指輪を見てきました。

今回はブシュロンの婚約指輪に関する情報や、実際にお店に下見に行ってきたレポを詳しくご紹介します。

本記事が少しでも、ブシュロンの婚約指輪を購入しようか迷っている方、これからブシュロンに婚約指輪の下見に行かれる方のお役に立てましたら幸いです。

ブシュロンってどんなブランド?

BOUCHERON(ブシュロン)は160年以上の歴史を持つパリのジュエラー。時代を超えて世界の貴族やセレブにも愛される伝統あるブランドです。

流行にとらわれない大胆なデザインが人気なので、特に人と被らないデザインの指輪を探している方におすすめです!

実際にブシュロンの店舗へ下見に行ってきました!

今回下見した店舗

今回訪れたのは、新宿の伊勢丹にあるブシュロンです。

伊勢丹は1階と4階がジュエリーフロアです。

1階は様々なジュエラーのカウンターがズラーッと並んでいます。気軽にリングを見ることができるので、色々なブランドのリングをざっと見て回るのにおすすめ!

4階は高級ジュエラーのブティックが並んでいるのですが、一階よりも人が少ないので一つ一つのブティックをじっくり見るのにおすすめです。

私は土日下見に行ったのが土日だったので、一応来店予約をしてから行きました。

ブシュロンの婚約指輪の代表的なデザイン

予約の際に来店の目的を「ブライダルリングを探す」にしていたので、お店に行って「予約して来たのですが」と伝えると、すぐに店員さんがショーケースの前に案内してくれました。

まずは一通りブシュロンの婚約指輪の代表的なデザインを見せてもらいました

1.ビーラブド

最初に見せてもらったのは婚約指輪定番のビーラブド

ダイヤモンド一石のシンプルなデザインです。

ダイヤモンドが高い位置にセットされているので、ダイヤの輝きがとても引き立ちます。アームは少し太めで存在感があります。

パヴェタイプもあります。こちらはデザインは上と同じですが、サイドに小ぶりのメレダイヤモンドが敷き詰められています。

値段:28万円〜

ビーラブドのような定番のデザインの婚約指輪だけでなく、個性的なデザインも多いです。

2.クルドパリ

こちらはクルドパリ

アーム部分のデザインは、パリ・ヴァンドーム広場の石畳からインスパイアされたらしいです。

フランスのジュエラーならではのデザインですよね!アームが印象的。

もちろんアームがプラチナのものもあります。

値段:28万円〜

3.ファセット

同じようにアームのデザインが特徴的なファセット

ダイヤモンドの加工方法の1つに、ファセットカットというものがあるのですが、このリングはこのファセットカットからインスパイアされているらしいです。

ひし形のようになっているアーム部分が光を反射してとてもきれいでした。

値段:28万円〜

4.セルパンボエム

アームがネジネジのセルパンボエムはアーム部分が細めで指がきれいに見えるデザイン。

こちらは大胆なデザインであまり人と被らなさそうですよね。

値段:26万円〜

5. ポンドゥパリ

今回紹介してもらった中で1番ゴージャルなデザイン、ポンドゥパリ

アームが2本になっていて、しかも両方のアームにもダイヤモンドがあしらわれているのでとてもゴージャス!

やっぱりサイドにもダイヤモンドがついてるとセンターのダイヤモンドの輝きが増すような気がします!

値段:98万円〜

気になったリングを試着

色々紹介してもらった中で、ビーラブドファセットが気になったので試着させてもらいました。

まずは定番のビーラブドから試着させてもらいました。

ダイヤモンドの位置が結構高めにセッティングされているので、ダイヤがとてもきれいに見えました。

ただ、ダイヤモンドのセッティングが高い分、ダイヤモンドが服などに引っかかりそうな気もしました。
(この辺はだんだんと慣れてくるのかもしれません。)

輝きは本当に綺麗でした!

次に試着させてもらったのがファセット

ファセット

ファセットはなかなか他にはないデザインなので、他の人と被らなさそうだなと思いました。個性的でおしゃれなのもいいですよね。そして意外と着け心地がいい!

同じシリーズの結婚指輪もあるので重ね付けもかわいいです◎

ファセット重ね付け

店員さんにおすすめしてもらったのですが、婚約指輪か結婚指輪のどちらかのアームをプラチナ、もう一方をイエローゴールドにしても遊びゴゴロがあって素敵!

ブシュロンでは、セミオーダー・フルオーダーメイドができる♡

おしゃれで個性的なリングの多いブシュロンですが、一からデザインを考えてリングを作ってくれるおフルオーダーメイドサービスもあります。

フルオーダーメイドの他にも自分で選んだアームのデザインと素材(プラチナ/ピンクゴールド/イエローゴールド)にお好みのダイヤモンドを組み合わせてリングを作る、セミオーダーサービスもあります。

アームの素材にピンクゴールドが選べるブランドは多くないので、とても嬉しいですよね!

セミオーダーと聞くと値段が高くなるイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば、プラチナよりもゴールドの方が素材の値段が安いので、セミオーダーでアームの素材を変更した場合は店頭に置いてあるリングよりもお安く作れることもよくあるそうです

ただ、セミオーダーの場合はフランスで1から作り日本に送られてくるので、完成まで3ヶ月程時間がかかるそうです。

時間はかかってしまいますが、自分の本当に好きな、そして誰の指も通していない指輪を手にすることができます!

時間に余裕のある方はセミオーダーも一生の思い出になっていいのではないでしょうか♡

ブシュロンのダイヤモンドの品質

ダイヤモンドへのこだわりがとっても強いブシュロン。

ブシュロンのリングで使用されるダイヤモンドの品質はとても厳しく、GIA(米国宝石学会)が定めるダイヤモンドの基準において、Gカラー以上透明度VSクラス以上のダイヤモンドしか使われません。

クオリティの高い婚約指輪を探しているカップルには本当にオススメのブランドです。

価格・相場は?

気になるブルガリの値段価格の相場をご紹介します。

相場

20万円後半〜100万円以上

ブシュロンの婚約指輪は、お求めやすい値段のリングから高価なリングまで、幅広い価格帯で用意されています。

0.2カラットのダイヤモンドのリングで25万円程なので、ほかのブランドと比較すると若干高めです。

ブシュロンは前述の通りダイヤモンドの選定基準が厳しく、扱われているダイヤモンドの質がとても良いですし、アーム部分の地金にもこだわっているので高めの価格になるのだと思います。

また、ブシュロンのリングはアームの素材によっても金額が変わってきます

ブシュロンでは定番のプラチナだけでなく、ピンクゴールドとイエローゴールドも選べます。プラチナよりもゴールドの方が価格がお安くなります。

ブシュロンのアフターサービス

婚約指輪や結婚指輪は一生の買い物ですので、アフターサービスは気になるところですよね。

ブシュロンのアフターサービスの内容

・刻印(機械彫り)
・指輪のクリーニング
・メンテナンス

上記、全て無料で行ってくれるそうです。 
(メンテナンスは指輪の状態によっては有料での対応)

また、ブシュロンでは一年に一度の専門家によるクリーニングが推奨されています

婚約指輪の納期は?

ブシュロンで婚約指輪を買った場合、在庫があり、刻印がなければ即日持ち帰りが可能です!

刻印やサイズ直しが必要な場合は、2〜3週間、国内に在庫がなく、海外から取り寄せになる場合やオーダーメイドの場合は3ヶ月程度かかります。

ブシュロンで指輪の購入を考えている方は早めにオーダーしたほうがいいでしょう。

まとめ

ブシュロンのメリット・デメリット

-いい点-
・指輪のクオリティが高い
・個性的なデザイン
・価格帯に幅があり、予算に応じてリングが選びやすい
・接客がとてもいい

-心配な点-
・指輪の在庫が国内にない場合やオーダーメイドにした場合は納期が長い

ハイクオリティな指輪で、時代を超えて愛されるブシュロン。

個性的なデザインが多く、見ていてとても楽しかったです。
万人受けするブランドではないかもしれませんが、ビビッと来る方には運命のリングになると思います!

相場も他のブランドよりもお高めですが、ダイヤモンドのクオリティはとても高く、一度実物を見れば違いが分かるはずです◎


指輪は比較して購入するのがオススメ!

婚約指輪は一生に一度のお買い物ですので、購入前に何店舗か回って比較することをオススメします。

私は購入前に10以上のブランドを回ったのですが、ブランドごとにデザインや価格はもちろん、つけ心地やアフターサービスなど結構な差があります。

どんなブランドがあるか分からない、効率よくブランドを比較したいという方におすすめなのがゼクシィ

各ブランドの情報が分かりやすく載っていますし、そのまま来店予約をすることも可能なのでとても便利です。

またキャンペーンにエントリーして来店すると6000円分の商品券がゲットできちゃいます。
これから指輪の下見に行く方は、ぜひエントリーしてからお店に行ってくださいね!

記事が役に立ったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です